症例写真

症例写真

あばら骨が見えるほどだった胸が、約2カップ分も大きく!

豊胸術 40代 / 女性
施術内容
セリューション豊胸術+ピュアグラフト豊胸術

施術前はあばら骨の形が見えるほど、胸のボリュームがない方でした。

症例写真 術前 セリューション豊胸術+ピュアグラフト豊胸術
Before
症例写真 術後 セリューション豊胸術+ピュアグラフト豊胸術
7ヶ月後
セリューション豊胸術を1回施行、その6ヶ月後にピュアグラフト豊胸術でさらにボリュームアップを目指しました。写真はピュアグラフト豊胸術後、1ヶ月の状態です。
3D撮影装置で計測したところ、
左胸(術前)91.0cc → (1回手術後)174.9cc → (2回手術後)297.2cc
右胸(術前)69.9cc → (1回手術後)197.2cc → (2回手術後)316.0cc
でした。
佐々木 直美 医師
横浜院院長
佐々木 直美 医師
症例写真 術前術後比較 豊胸  

脂肪が豊富にある方なら、セリューション豊胸術の後、まだ残っている脂肪で2回目の施術も可能です。
本当に余裕があるなら、もう1度セリューション豊胸術もいいです。ただし、2回目は1回目に比べると取れる脂肪が少ないので、ピュアグラフト豊胸術を行うことが多いです。
数字でみると、2回目の方がアップ幅が大きいですが、おそらく1回目の手術で土台ができ、皮膚も伸びているせいかと考えられます。
2回考えられている場合、余裕があるならばセリューション豊胸術の方が信頼できますので、初回はセリューション豊胸術を行うのが良いでしょう。

脂肪幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)

処置方法 大腿等から脂肪を吸引。ピュアグラフトで不純物を除去し濃縮。セリューションシステムで脂肪から幹細胞を抽出し活性化する。幹細胞を濃縮した脂肪に加え、腋窩より乳房内に注入する。脂肪採取部位を圧迫固定する。
リスク・副作用 痛み、腫れ、リンパ管炎、皮下出血、血腫、凹凸、シコリや硬結、切開部の色素沈着、腫れ、痛み、ひきつれや拘縮、シコリや硬結、感染、血腫、注入した脂肪の石灰化や萎縮、乳房の左右差
費用 1,455,000円(税別)


ピュアグラフト豊胸術

処置方法 大腿や腹部などより脂肪吸引を行い、ピュアグラフトを用いて不純物を除去し脂肪組織の濃縮を行う。濃縮した脂肪組織を部位に注入する。
リスク・副作用 痛み、腫れ、リンパ管炎、皮下出血、血腫、凹凸、シコリや硬結、切開部の色素沈着、ひきつれや拘縮、感染、注入した脂肪の石灰化や萎縮、乳房の左右差、アレルギー反応、シコリや硬結、被膜拘縮
費用 905,000円(税別)

「セリューション豊胸術」を
もっと知りたい方はこちら