症例写真

症例写真

目元も若々しく

二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂目のクマ・くぼみ・たるみ たるみ 70代 / 女性
施術内容
眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)+眉下切開法

目の開きが悪く、視野が狭いとのことでした。
まぶたのたるみも特に外側が強く、眉毛をあげて目を開けています。
眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)と眉下切開法を行いました。眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなる状態のことです。腱膜縫縮法は上まぶたの皮膚を切開し、眼瞼挙筋の表面にある挙筋腱膜を縫い縮めることで下垂したまぶたを改善します。眉下切開法(眉下リフト)は、眉下のラインを沿って切開し、たるみや厚みを改善する施術です。 加齢によるまぶたのたるみ(下垂)が気になる方におすすめの施術です。

症例写真 術前 眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)+眉下切開法
Before
症例写真 術後 眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)+眉下切開法
After

眼瞼下垂症の手術と、眉下切開を行った1ヶ月後です。
目の開きが良くなったことと、まぶたのたるみも改善したので、若々しい印象になりました。
上がりすぎていた眉毛も本来の位置に戻りました。

東京院
東京院
当院医師

眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)

処置方法 上まぶたの皮膚を切開し、緩んだ挙筋腱膜を縫い縮める。適宜、皮膚、眼輪筋、眼窩脂肪、瞼板前組織を処理。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、目の開きや二重幅の左右差、傷痕、二重の消失、シスト形成、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣。
費用 480,000円

眉下切開法(眉下リフト)

処置方法 デザインに沿って皮膚切除。場合によって眼輪筋切除や、皮下剥離などの処理を行なう。非吸収糸で形態を調節しながら皮下、皮膚を縫合する。
リスク・副作用 術後の浮腫、痛み、内出血、血腫、シスト形成、肥厚性瘢痕、眉毛変形、引き攣れ、閉瞼障害、二重の消失、変形。
費用 300,000円

合計金額/780,000円(858,000円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)」を
もっと知りたい方はこちら