症例写真

症例写真

コンタクトレンズの長年装着による、目の開きの改善

二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂 20代 / 女性
施術内容
眼瞼下垂(埋没法)

左側のみの眼瞼下垂にてご来院頂いた患者様です。20代と若い女性ですが、長年のハードコンタクトレンズを装用していたためか、徐々に左のまぶたの開きが悪くなってきたそうです。
眼瞼下垂(がんけんかすい)は、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなる状態のことです。当院では、糸を結ぶ前に仮留めし、目の開き具合や左右差、二重ラインなどの仕上がりイメージを確認しています。そのため、術後の仕上がりとイメージが違うということが極めて起こりにくいです。

症例写真 術前 目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂
Before
症例写真 術後 目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂
術直後

こちらが術直後の写真。埋没法での手術はたいして腫れることもないので、術直後でも不自然さはありません。

大宮院 院長
大宮院 院長
伊藤 哲郎 医師

眼瞼下垂(埋没法)

処置方法 極細のナイロン糸にて、結膜側でミューラー筋や挙筋腱膜をタッキング(縫い縮める)
リスク・副作用 術後の腫れ、結膜浮腫、異物感、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣
費用 200,000円

合計金額/200,000円(220,000円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「眼瞼下垂(埋没法)」を
もっと知りたい方はこちら