症例写真

症例写真

傷の残らない方法で、まぶたの開きを自然に改善!

二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂 70代 / 女性
施術内容
眼瞼下垂修正(埋没法)+二重術(埋没法/マイクロメソッド+α)

モノが見えにくい、まぶたが下がってきたとのことです。皮膚のたるみを伴っているので眉毛下切開法をおすすめしたのですが、傷がついたり、腫れが出たりするのは嫌だとのこと。
一旦、お家でご家族様とご相談された結果、切らない方法をご希望され、眼瞼下垂と二重の手術をともに埋没法で同時に行いました。
眼瞼下垂(がんけんかすい)は、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなる状態のことです。当院では、糸を結ぶ前に仮留めし、目の開き具合や左右差、二重ラインなどの仕上がりイメージを確認しています。そのため、術後の仕上がりとイメージが違うということが極めて起こりにくいです。

症例写真 術前 目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂
Before
症例写真 術後 目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂
術後2ヶ月

二重埋没法はマイクロメソッド+α法にて行なっています。直後から腫れが少なく、違和感のない自然な仕上がりです。自然な仕上がりでとてもよい感じです。頭痛もなくなりました。

広島院 院長
広島院 院長
中辻 隆徳 医師

目を閉じた時(術直後と術後2ヶ月)の経過写真です。

症例写真 目を閉じた状態 目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂

眼瞼下垂(埋没法)

処置方法 結膜側でナイロン糸で2か所埋没法でミュラー筋を縫い縮める。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、目の開き&二重の左右左、傷痕、二重の消失、シスト、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣。
費用 200,000円

マイクロメソッド+α

処置方法 ブジーシミュレーションした希望のラインに沿って、特殊な専用の極細糸で数点で固定し、重瞼を作成する。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、左右差、後戻り、シスト形成、異物感、ドライアイ症状、眼瞼痙攣。
費用 165,000円

合計金額/365,000円(401,500円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「眼瞼下垂修正(埋没法)」を
もっと知りたい方はこちら