症例写真

症例写真

綺麗な二重に

施術内容
眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)

まだ、20才と若いですが、目の上の窪みが強く、眉毛も挙上しています。そのため、このままでは二重にすることはできません。眼瞼下垂の手術をして同時に二重を作ります。

眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)_Before
Before
眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)_After
After

切開法にて、眼瞼挙筋を短縮し二重を作りました。
ぱっと見、目の開きは良さそうですが、軽度の眼瞼下垂があり眉毛を挙上し窪みが強くなっている症例です。まだ目の上の凹みが残っていますが、もう少し改善したい場合は、プレミアムPRPをすると凹みがもっと改善できます。

東京院院長
東京院院長
伊藤 康平 医師

眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)

処置方法 上まぶたの皮膚を切開し、緩んだ挙筋腱膜を縫い縮める。適宜、皮膚、眼輪筋、眼窩脂肪、瞼板前組織を処理。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、目の開きや二重幅の左右差、傷痕、二重の消失、シスト形成、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣。
費用 480,000円

合計金額/480,000円(528,000円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)」を
もっと知りたい方はこちら