症例写真

症例写真

目頭の角度が改善され、より自然なカーブになりました

施術内容
目頭切開

最近は、二重のときに目頭切開をする方が多いです。理由としては、目頭の皮膚が突っ張っていると、平行型になりにくかったり、つり目に見えるからです。だけど、目頭切開をして目が近くなると、きつく見えるのでイヤだといった相反する希望もあります。
ミニZ法を用いた目頭切開は、皮膚切除部分が少ないため、傷跡が目立ちにくく、控えめなデザインにもできるのが特徴です。蒙古ひだを修正することで二重ラインを並行型にすることができます。

症例写真 術前 二重術・目頭切開・涙袋
Before
症例写真 術後 二重術・目頭切開・涙袋
1ヶ月後

術後1ヶ月ですが、化粧をすると傷はほとんど分からないです。目頭が極力内側には広がらないようにデザインしています。術前は、目頭の角度が鋭角だったのが改善され、より自然なカーブを描くようになりました。

東京院院長
東京院院長
伊藤 康平 医師

目頭切開

処置方法 蒙古ひだを切開し希望の形に応じてZ形成やW形成などを行い、目頭の形状を変える。
リスク・副作用 内出血、腫れ、瘢痕(傷跡)の赤み、肥厚性瘢痕。
費用 200,000円

合計金額/200,000円(220,000円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「目頭切開」を
もっと知りたい方はこちら