症例写真

症例写真

顎を整える

その他・顔のパーツの整形 あご 20代 / 男性
施術内容
あごプロテーゼ

顎が小さく、Eラインを整えたいとのことで顎プロテーゼを挿入しました。

あごプロテーゼ_Before
Before
あごプロテーゼ_After
After(10日後)

7mmのプロテーゼを加工して挿入しました。
横から見たかたちも整っています。

顎が前にでると上下顎の突出感が薄れる効果も出せます。

顎先を出す方法としては『ヒアルロン酸』や『プロテーゼ』がございます。

ヒアルロン酸はお手軽に施術でき、他の部位の輪郭にも打つことでトータルの輪郭コーディネートができる良い治療ですが、1年程度で吸収されるため、再度の注入が必要となります。

一方永続的な効果を求めるのであればプロテーゼは有力な選択肢になります。
この患者様は3D計測装置のVECTRAでシュミレーションを入念に行なった後に、7mmのプロテーゼを挿入いたしました。

術後10日目ですが、腫れもほとんどありません。プロテーゼで調整したため、よく見ると正面の元々の左右差もなくなっております。
Eラインが整い、非常に美しい正面、横顔になり、大変満足していただきました。

あごを長くしたい方、Eラインを整えたい方はプロテーゼ手術を検討してみてはいかがでしょうか。

東京院医師
東京院医師
川端 優也 医師

あごプロテーゼ

処置方法 局所麻酔後に口腔内を切開し、骨膜下にシリコン製のプロテーゼを挿入し、縫合する。
リスク・副作用 内出血、腫れ、傷跡、浮腫、プロテーゼの感染・露出・位置の移動
費用 280,000円

合計金額/280,000円(308,000円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「あごプロテーゼ」を
もっと知りたい方はこちら