いつまでも美しくあるために!日常の中でのシワ対策とさまざまな治療法!

若返り
この記事の監修医師
統括院長

鎌倉 達郎 医師

Tatsuro Kamakura M.D.
ドクターの経歴・資格・所属を見る
経歴
  • 1989年

    宮崎医科大学医学部卒業 九州大学生体防御医学研究所附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務

  • 1890年

    九州大学医学部附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務 その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任

  • 2000年

    優れた実績を評価され聖心美容外科に招聘 東京院副院長就任

  • 2001年

    福岡院院長就任

  • 2003年

    聖心美容外科東京院院長就任

  • 2004年

    聖心美容外科統括院長就任

  • 2015年

    第104回日本美容外科学会会長に就任

  • 2017年

    公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授に就任

資格・所属

日本美容外科学会(JSAS)理事長
公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授
一般社団法人日本ルックスケア医学会 副理事長
公益社団法人国際化粧療法協会 理事
第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
IMCAS World Scientific Committee 2017,board member
IMCAS ASIA 2015,2016 Scientific board member
IMCAS ASIA 2010 Faculty
AMWC JAPAN 2022 Advisory board menber
日本美容外科学会(JSAPS)会員
日本美容外科学会(JSAS)会員
日本美容外科学会(JSAS)専門医
日本形成外科学会会員
日本再生医療学会会員
日本再生医療学会 再生医療認定医
日本臨床抗老化医学会会員
日本外科学会会員
日本外科学会認定医
日本美容外科医師会会員
INAMED ACADEMY認定医
Corneal社公式認定医(日本第1号)
オバジスキントランスフォーメーション認定医
マクロレーン™認定医
レスチレン認定医
日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
ミラドライ認定医
ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
ジュビダームビスタ®ボラックスXC認定医
ジュビダームビスタ®ボライトXC認定医
ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医
ボトックスビスタ認定医

いつまでも美しくあるために!日常の中でのシワ対策とさまざまな治療法!
  1. 20歳を過ぎたらご用心!シワのできるさまざまな原因
  2. 生活の中の工夫!日々の過ごし方で差がつくシワ対策
  3. 外見も内面も美しく!シワ治療の種類とその効果
  4. シワの対策は継続が重要

年を重ねるごとに増えてくるシワって気になりますよね。しかし、同じ年齢の方でも、シワが多い人とそうでない人がいます。それは、周りの環境や日常生活の過ごし方が、大きく関与しているからです。
そこで、どのような原因によってシワが増え、それを避けてきれいな肌を維持するにはどうすれば良いかについて解説をしていきます。

|20歳を過ぎたらご用心!シワのできるさまざまな原因

そもそも、若い人たちがなぜハリのある肌を維持できているかというと、表皮の下にコラーゲンがいっぱい存在しているからです。コラーゲンが、ちょうどベッドのスプリングのような役割を果たして、肌を上に押し上げているのです。若い間はコラーゲンが破壊されたとしても、真皮の中にある線維芽細胞によって新しいコラーゲンが生成されるため、シワになることはありません。
ところが、加齢が進むとコラーゲンの生成力が衰えるため、シワが目立つようになるのです。

そして、その現象を加速させているのが紫外線です。紫外線が当たると肌に炎症反応が起こり、防御反応として分解酵素が作られます。分解酵素はコラーゲンを切断し、その量を減少させます。つまり、紫外線を多く浴びるほど、シワは加速度的に増えていくのです。

また、シワのもうひとつの大きな原因としては、乾燥があげられます。表皮を覆う角質層は、アミノ酸などによって作られた天然保湿成分や乳化皮脂膜に覆われ、乾燥から守られています。しかし、20歳を過ぎるとアミノ酸の量が減少していき、乾燥が進むために、肌に小ジワが目立つようになるのです。

その他にも、活性化酸素の増加、女性ホルモンの減少、過度なしかめっ面や笑顔なども、シワの原因です。活性酸素は肌の下のコラーゲンを変質させて固くしますし、女性ホルモンの減少はコラーゲンやヒアルロン酸の生成力低下につながります。
さらに、しかめっ面のしすぎや笑いすぎは、表情ジワとして顔に固定されます。

|生活の中の工夫!日々の過ごし方で差がつくシワ対策

生活の中の工夫!日々の過ごし方で差がつくシワ対策

シワの対策や予防として大切なのが保湿です。20歳を過ぎると徐々に肌が乾燥してくるので、パックや化粧水を使って、保水力を高める必要があります。成分としては、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが多く含まれているものを選ぶのがおすすめです。

次に、食事内容の見直しも重要な要素となります。肌に良い栄養素はたくさんありますが、特にビタミンCはお肌の万能薬です。美白効果があるだけでなく、抗酸化作用によって活性酸素を撃退し、コラーゲンを増幅させてくれる作用もあります。ビタミンCが多く含まれている食材は、キウイ、いちご、レモン、ピーマン、パセリ、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツなどです。

ただし、ビタミンCは熱に弱く、壊れやすいという弱点があります。そのため、なるべく生に近い状態で食べるのが有効です。もし、ゆでて食べる場合は、ゆで汁も一緒に飲めば、熱の作用で流失したビタミンCを補給できます。また、鉄分は、コラーゲン合成に必要なアミノ酸を作り出すのに必要です。鉄分を多く含む食材としては、レバー、赤身肉、大豆、ほうれん草などがあります。

最後に、忘れてはいけないのが、紫外線の対策です。日差しが強い日は、必ず日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。つばの広いUV加工の帽子をかぶれば、さらに効果的です。
また、特に日差しが強烈な真夏には、日傘を使うのもおすすめです。その際は、アスファルトに当たって下から反射する紫外線を防ぐために、柄を短く持って傘と顔を近づけると良いでしょう。

|外見も内面も美しく!シワ治療の種類とその効果

外見も内面も美しく!シワ治療の種類とその効果

毎日地道にシワの予防を行うのは大変良いことです。しかし、それでも加齢によってシワが増えていくのは、完全には止められません。そこで、注目なのが美容医療によるシワ治療です。

たとえば、ヒアルロン酸を注射すれば、内部から肌を押し上げ、シワを解消してくれます。ヒアルロン酸は元々体内にある成分なので、身体の拒絶反応の心配もありません。ただそれ故に、少しずつ体内へ吸収されてしまい、しばらく経つと元の状態に戻ってしまうのが難点です。効果を持続するためには、定期的に注射を続ける必要があります。

また、ヒアルロン酸の代わりに脂肪を注射すれば、吸収がされにくく定着率も高いのですが、どのぐらい定着するかは事前にははっきりとわからないため、肌の凹凸の微調整には医師の高度な知識と技術が必要です。他にも、シワの元凶となっている筋肉のこわばりを注射で解消するボトックス、線維芽細胞を刺激して、コラーゲン生成を促すレーザー治療などがあります。

これらはいずれもシワを少なくして見た目を整えるものですが、内面から美しくなりたいという人にはホルモン補充療法もおすすめです。これは、歳を取ってホルモンの分泌量の減った身体に不足分を投与するというものです。

そうすることで、シワなど老化の速度をゆるやかにし、見た目の若々しさを取り戻せると同時に、体内機能も高まって、若い頃の体力や気力を取り戻せます。見た目だけでなく、内面から若くなれるのです。最近では人間の生体構造と同様のナチュラルホルモンを扱うクリニックも増えていますので、相談してみると良いでしょう。
ただし、長期投与は身体への影響も心配されるため、医師とよく相談しながら治療を続けていくことをおすすめします。

|シワの対策は継続が重要

シワの対策は継続が重要

シワというのは長い年月をかけて、少しずつ作られていくものですから、対策も長期戦になるのが普通です。ですから、すぐに飽きて投げださないよう、腰を据えて行う必要があります。
さまざまな方法を検討し、自分のできる範囲でコツコツと続けてみることが大切です。その積み重ねが大きな成果として返ってくるでしょう。

聖心美容クリニックの若返り・アンチエイジング施術一覧へ

他院の「若返り・アンチエイジング」に関するコラム
札幌院大宮院横浜院熱海院名古屋院大阪院広島院福岡院