自然な仕上がりが魅力!セリューション豊胸術とは?

豊胸術
この記事の監修医師
統括院長

鎌倉 達郎 医師

Tatsuro Kamakura M.D.
ドクターの経歴・資格・所属を見る
経歴
  • 1989年

    宮崎医科大学医学部卒業 九州大学生体防御医学研究所附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務

  • 1890年

    九州大学医学部附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務 その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任

  • 2000年

    優れた実績を評価され聖心美容外科に招聘 東京院副院長就任

  • 2001年

    福岡院院長就任

  • 2003年

    聖心美容外科東京院院長就任

  • 2004年

    聖心美容外科統括院長就任

  • 2015年

    第104回日本美容外科学会会長に就任

  • 2017年

    公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授に就任

資格・所属

日本美容外科学会(JSAS)理事長
公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授
一般社団法人日本ルックスケア医学会 副理事長
公益社団法人国際化粧療法協会 理事
第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
IMCAS World Scientific Committee 2017,board member
IMCAS ASIA 2015,2016 Scientific board member
IMCAS ASIA 2010 Faculty
AMWC JAPAN 2022 Advisory board menber
日本美容外科学会(JSAPS)会員
日本美容外科学会(JSAS)会員
日本美容外科学会(JSAS)専門医
日本形成外科学会会員
日本再生医療学会会員
日本再生医療学会 再生医療認定医
日本臨床抗老化医学会会員
日本外科学会会員
日本外科学会認定医
日本美容外科医師会会員
INAMED ACADEMY認定医
Corneal社公式認定医(日本第1号)
オバジスキントランスフォーメーション認定医
マクロレーン™認定医
レスチレン認定医
日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
ミラドライ認定医
ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
ジュビダームビスタ®ボラックスXC認定医
ジュビダームビスタ®ボライトXC認定医
ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医
ボトックスビスタ認定医

自然な仕上がりが魅力!セリューション豊胸術とは?
  1. 自然な仕上がりの秘密は幹細胞!
  2. 脂肪の生着率が高いから長持ち
  3. コンデンス法とどこがどう違うの?
  4. 自然な仕上がりを極めた豊胸が、セリューション豊胸術

いくら豊かな胸にあこがれる女性でも、ただサイズが大きければいいと思っているわけではないでしょう。形が美しく、自然なやわらかさであることは、女性にとって豊かな胸の大切な条件と考える人も多いのではないでしょうか。

そこで、今の美容整形では、最も自然で美しい胸を実現できる豊胸術『セリューション豊胸術』をご紹介します。

|自然な仕上がりの秘密は幹細胞!

セリューション豊胸術が、現在の豊胸術の中でズバ抜けて美しく自然に仕上がると言われているのには理由があります。実は、セリューション豊胸術は、胸に豊胸バッグを挿入する方法でもなければ、ヒアルロン酸を注入する方法でもない、最先端の再生医療の技術が活かされている豊胸術だからです。

脂肪細胞を注入する豊胸術には様々なものがありますが、セリューション豊胸術ではただ脂肪を注入するのではなく、脂肪組織から採取した、活発に活動する幹細胞を豊胸術に使用します。

幹細胞とは、元の細胞と同じものを複製したり、新しい組織に分化したりする働きを持った細胞のことで、活発に働く幹細胞を胸に注入すれば、胸に必要な脂肪や毛細血管などの細胞に分化するのです。

ただし、幹細胞を正常に分化させるためには、脂肪組織から分離させ、活発に働けるようにスイッチを入れ直さなければなりません。

そこで、セリューション豊胸術では、自分の脂肪組織から幹細胞を一度取り出して活発に働けるようにした後、不純物を除いた幹細胞ときれいな脂肪を再び混合し、濃縮したものを胸に注入します。

|脂肪の生着率が高いから長持ち

脂肪の生着率が高いから長持ち

セリューション豊胸術のセリューションとは、脂肪組織から取り出した幹細胞を活性化するマシンの名前です。患者さんの身体から取り出した脂肪組織には幹細胞が含まれているため、それだけで「幹細胞を使った豊胸」を謳う例もあります。

しかし、ただ取り出して濃縮しただけの脂肪に含まれる幹細胞は働きが落ちているため、幹細胞による豊胸とは言いかねます。セリューション豊胸術では、一旦脂肪組織から幹細胞を取り出して活性化した後、濃縮した脂肪に戻して、胸に注入するため、含まれる幹細胞の活性度が異なり、胸への生着率も格段に良くなります。

セリューション豊胸術の生着率をより高く、バストアップした状況を長く持続させるためには、含まれる幹細胞を活発化することに加えて、一緒に注入する脂肪の純度を高めることが大事です。例えば、ピュアグラフトのような特殊なフィルターで不純物をできる限り取り除くようにすることで、しこりになりにくく、幹細胞が十分活性化する環境が整うのです。

また、豊胸術の際に忘れてはならないのは、脂肪組織を吸引する部位です。術後のダウンタイムも、豊胸よりも脂肪吸引した箇所の方が長くかかりますから、吸引もできる限り身体への負担が少ない方法を選べる美容クリニックがおすすめです。

例えば、ベイザーリポで吸引できる美容クリニックを選べば、不純物の少ないきれいな脂肪を吸引できるうえに、組織を傷つけにくいため、ダウンタイムも短くて済みます。

|コンデンス法とどこがどう違うの?

コンデンス法とどこがどう違うの?

セリューション豊胸術とコンデンス法が比べられることがありますが、2つは全く別物です。

セリューション豊胸術は、患者さんの脂肪組織から取り出した幹細胞を活性化した後、濃縮した脂肪組織と一緒に胸に注入する方法ですが、コンデンス法は脂肪組織を遠心分離器にかけ、脂肪を濃縮させた後で豊胸に用いる方法です。

コンデンス法の場合は幹細胞ではなく、脂肪組織と不純物の分離に重点が置かれており、含まれている幹細胞の量もわずかです。また、遠心分離する際に遠心力で脂肪細胞に圧力がかかり劣化するうえに、不純物も残りやすいため、脂肪注入の脂肪としてもあまり品質が良くありません。

さらに脂肪細胞に含まれる幹細胞の働きが弱くなってしまうため、せっかく注入しても胸への生着率が下がってしまう点に問題があります。
脂肪を注入する豊胸術はセリューション豊胸術以外にもありますが、いずれも不純物の少ない質の良い脂肪を注入するようにしなければ、胸への生着率が低くなり、しこりもできやすいという問題が起こります。

しこりができる原因は、脂肪に含まれる元気な幹細胞の少なさで、幹細胞が少ないことが原因で、せっかく注入した脂肪組織に栄養が行きわたらず、脂肪が死んでしまうのです。

その点、幹細胞を活性化させたうえで、純度の高い脂肪と共に注入するセリューション豊胸術の生着率は70〜80%と高く、しっかりと幹細胞が働くためしこりもできにくいのです。

|自然な仕上がりを極めた豊胸が、セリューション豊胸術

自然な仕上がりを極めた豊胸が、セリューション豊胸術

現在の医療で最も自然な仕上がりが期待できる豊胸術がセリューション豊胸術です。再生医療の最先端の技術と最先端のマシンの組み合わせで、しこりができるリスクも最大限に減らすことができます。

豊胸は女性にとって大事な胸を豊かにする施術ですから、毎日見たり触ったりしても納得できる形に仕上がるような豊胸術を選ぶようにしましょう。

聖心美容クリニックの豊胸施術一覧へ

他院の「豊胸術」に関するコラム
札幌院大宮院横浜院名古屋院大阪院広島院福岡院