女性らしい目元を「涙袋形成」で手に入れよう!

二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂
この記事の監修医師
統括院長

鎌倉 達郎 医師

Tatsuro Kamakura M.D.
ドクターの経歴・資格・所属を見る
経歴
  • 1989年

    宮崎医科大学医学部卒業 九州大学生体防御医学研究所附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務

  • 1890年

    九州大学医学部附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務 その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任

  • 2000年

    優れた実績を評価され聖心美容外科に招聘 東京院副院長就任

  • 2001年

    福岡院院長就任

  • 2003年

    聖心美容外科東京院院長就任

  • 2004年

    聖心美容外科統括院長就任

  • 2015年

    第104回日本美容外科学会会長に就任

  • 2017年

    公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授に就任

資格・所属

公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授
第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
日本美容外科学会(JSAS)理事
IMCAS World Scientific Committee,board member
IMCAS ASIA 2015,2016 Scientific board member
IMCAS ASIA 2010 Faculty
日本美容外科学会(JSAPS)会員
日本美容外科学会(JSAS)会員
日本美容外科学会(JSAS)専門医
日本形成外科学会会員
日本再生医療学会会員
日本再生医療学会 再生医療認定医
日本臨床抗老化医学会会員
日本外科学会会員
日本外科学会認定医
日本美容外科医師会会員
日本先進医療医師会理事
INAMED ACADEMY認定医
Corneal社公式認定医(日本第1号)
オバジスキントランスフォーメーション認定医
マクロレーン™認定医
レスチレン認定医
日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
ミラドライ認定医
ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
ジュビダームビスタ®ボラックスXC認定医
ジュビダームビスタ®ボライトXC認定医
ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医
ボトックスビスタ認定医

女性らしい目元を「涙袋形成」で手に入れよう!
  1. 魅力的な涙袋は美容整形で作れる
  2. 「涙袋形成」の施術の流れは?
  3. ダウンタイムは長くて1週間!他人には気づかれません
  4. 二重術(埋没法)は同時に行いやすいプチ整形

かわいらしい目元というと、二重まぶたのイメージが強いかもしれませんが、女性らしく優しい目元を印象付けるなら、涙袋の役割が大きくなります。そんな涙袋も、美容外科のプチ整形なら気軽に手に入れることができます。

メスを入れるような大がかりな手術を受ける勇気がなくても、傷口の残らないプチ整形なら気軽にチャレンジが可能です。しっかりとカウンセリングで医師にイメージを伝えて、理想の目元を作り上げてみてはいかがでしょうか。

|魅力的な涙袋は美容整形で作れる

メイクの中でも、多くの女性が手間も時間もかけているのが、アイメイク。中でも近年注目されているのが「涙袋」を強調するアイシャドウのメイクです。涙袋をぷっくりさせることで、目を大きく見せた上で、愛らしい印象を与えることができます。
しかしメイクでは限界もあり、下瞼の薄い皮膚に毎日刺激を与えることで、シワやシミの原因になることもあります。

そこで、気軽にできる美容整形である「涙袋形成」を検討される方が増えています。美容整形で作った涙袋は立体感があって、とても自然。時間をかけてメイクする必要がなくなり、すっぴんになっても、かわいらしい目元を維持することができます。

|「涙袋形成」の施術の流れは?

「涙袋形成」の施術の流れは?

涙袋形成は、メスを使わず短時間で行えるプチ整形です。顔の中でも特に目立つ目元の施術ですから、傷口を残さず、涙袋を作ることができるという点が魅力的です。痛みが少なくダウンタイムも短いため、非常に人気があります。
美容外科へ行ったら、まずカウンセリングを行いますが、この時点で、しっかりと仕上がりのイメージや希望を担当の医師に伝えておきましょう。

そうすることが、理想の涙袋に近づけるための重要なポイントです。そのとき、写真を用意しておくと、より正確なイメージが伝わりやすくなります。理想とする涙袋を持つ芸能人や友人の写真を持参して、医師に見せるのが最も伝わりやすい方法です。術後のイメージを画像でシミュレーションしてくれる美容外科であれば、自分の希望が正しく伝わったかどうかを確認することも可能です。

施術方法は、下まつげの下部5ミリ〜8ミリのあたりに、ヒアルロン酸を注入するだけです。注入する量は、カウンセリングで決定した涙袋の大きさによって変わります。施術時間は10分程度で終わります。

ヒアルロン酸は化粧品・サプリメントなどでも販売されていますが、もともと体内にある成分で、コラーゲンと違ってアレルギー反応も起きないため、安全性が高いと言われています。効果は約1年持続し、ヒアルロン酸は体内に吸収されていきます。ですから、涙袋を維持しようと思ったら、施術の効果が薄くなる約1年後を目安に、再施術を受ける必要があります。

|ダウンタイムは長くて1週間!他人には気づかれません

ダウンタイムは長くて1週間!他人には気づかれません

プチ整形といっても、ダウンタイム(施術から、完全に施術前の日常生活に戻るまでの時間)は必ず発生します。もちろん期間や程度に個人差はあります。

ダウンタイムの中で最も気になるところは、目で見て分かる、腫れや内出血などの症状かもしれません。

ヒアルロン酸注入後の腫れは約3日、内出血は約1週間程度で落ち着きます。内出血はヒアルロン酸注入時に、血管に針が触れることで起こります。これは通常の打撲などと同様に、徐々に黄色くなっていき、完治するまでとなると1週間程度かかります。
しかし、施術の数時間後にはメイクができ、メイクで十分隠せるものなので、他人の視線は気にしなくても大丈夫でしょう。

洗顔やシャンプーなどは当日から可能なため、翌日から普通に生活ができます。
「それでもやっぱり心配」という人は、翌日仕事や学校が休みになるタイミングを狙って、施術の予約を入れてみてはいかがでしょうか。

|二重術(埋没法)は同時に行いやすいプチ整形

二重術(埋没法)は同時に行いやすいプチ整形

目を大きく、魅力的に見せるためには、ただ単に涙袋を大きくするのではなく、他の施術と合わせて行うと効果的です。
同時に行える施術の中で、最も気軽に行えるのは二重術の埋没法です。こちらも切らないプチ整形で、ダウンタイムは約3日。アイラインをいつもより太めに引くなど、少しテクニックは必要ですが、ダウンタイムの腫れはメイクでカバーできます。

メイクがあまり得意でない方は、メガネという選択肢もあります。その場合には、突然メガネだと注目を浴びてしまいますので、施術を検討し始めたときから、ファッションとしてメガネを徐々に取り入れ、周囲に違和感がないようにしておくと良いかもしれません。

カウンセリングでシミュレーションを取り入れているクリニックでは、自分の顔でシミュレーションでき、仕上がりイメージがはっきりと掴めるため、施術に対する不安はほとんどなくなると考えられます。

プチ整形にこだわらないなら、同時に行える目元施術は、他にもあります。涙袋形成で下瞼をぷっくりさせ、二重術の部分切開法・全切開法で上まぶたをくっきりとさせれば、より魅力的な目元になります。目頭切開は、目の横幅を広げることで愛らしい目元でありつつも、甘くなりすぎない強い印象をプラスできます。

あなたの理想の目元に合わせた施術を選択しましょう。

聖心美容クリニックの二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂施術一覧へ

他院の「二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂」に関するコラム
札幌院大宮院横浜院名古屋院大阪院広島院福岡院