団子鼻を治すなら自然に美しく!理想の鼻先を作る方法とは?

鼻の整形
この記事の監修医師
統括院長

鎌倉 達郎 医師

Tatsuro Kamakura M.D.
ドクターの経歴・資格・所属を見る
経歴
  • 1989年

    宮崎医科大学医学部卒業 九州大学生体防御医学研究所附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務

  • 1890年

    九州大学医学部附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務 その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任

  • 2000年

    優れた実績を評価され聖心美容外科に招聘 東京院副院長就任

  • 2001年

    福岡院院長就任

  • 2003年

    聖心美容外科東京院院長就任

  • 2004年

    聖心美容外科統括院長就任

  • 2015年

    第104回日本美容外科学会会長に就任

  • 2017年

    公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授に就任

資格・所属

日本美容外科学会(JSAS)理事長
公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授
一般社団法人日本ルックスケア医学会 副理事長
公益社団法人国際化粧療法協会 理事
第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
IMCAS World Scientific Committee 2017,board member
IMCAS ASIA 2015,2016 Scientific board member
IMCAS ASIA 2010 Faculty
AMWC JAPAN 2022 Advisory board menber
日本美容外科学会(JSAPS)会員
日本美容外科学会(JSAS)会員
日本美容外科学会(JSAS)専門医
日本形成外科学会会員
日本再生医療学会会員
日本再生医療学会 再生医療認定医
日本臨床抗老化医学会会員
日本外科学会会員
日本外科学会認定医
日本美容外科医師会会員
INAMED ACADEMY認定医
Corneal社公式認定医(日本第1号)
オバジスキントランスフォーメーション認定医
マクロレーン™認定医
レスチレン認定医
日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
ミラドライ認定医
ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
ジュビダームビスタ®ボラックスXC認定医
ジュビダームビスタ®ボライトXC認定医
ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医
ボトックスビスタ認定医

団子鼻を治すなら自然に美しく!理想の鼻先を作る方法とは?
  1. 団子鼻とはどんな鼻?
  2. 団子鼻の原因とは?
  3. 団子鼻を簡単に小さく見せる施術方法とは?
  4. 日本人に多い団子鼻だからこそ、きれいに治せる

顔のパーツのうち、顔の真ん中にある鼻は、メイクでごまかしが利かないため、一度悩みの種になると悩みがどんどん深くなってしまいがちです。

鼻の悩みというと、高さ、大きさ、形など様々ですが、日本人に多いのは団子鼻の悩みかもしれません。鼻だけ見れば丸くてかわいらしくても、他のパーツと一緒にしたらバランスが悪いということも多く、なんとかしたいと思っている人は少なくないようです。

そこで、団子鼻を自然に美しく治す方法について解説します。

|団子鼻とはどんな鼻?

団子鼻とは、読んで字のごとく団子のような鼻。つまり、顔の真ん中に団子のように乗っかった、低くて丸い形の鼻のことです。「日本人らしく、かわいらしい鼻の形」と言えば聞こえは良いものの、クールな印象に見せたい場合、団子鼻の印象で、いまいち理想になりきれない場合もあります。
鼻先に頂点がなく、大きさの割に小鼻の部分が小さいため、鼻先がとがって高さもある欧米人に合わせたクールなメイクやファッションが似合いにくいのです。

団子鼻は正面から見たときに丸みがあり、幅もありますが、横から見ると高さがありません。鼻の中央部分の幅が広いうえに厚みもあるため、温和な印象を与えますが、鼻先がぽってりと大きく見えるため、顔全体を野暮ったく感じさせる原因にもなります。

鼻はもともと顔の中で最も高さのある部分ですから、その部分が高く見えるかどうかによって顔のメリハリが違ってきます。高さがなく、幅が広い団子鼻は、顔に奥行きが無いように感じさせ、のっぺりとした顔に見える原因にもなりかねないのです。

|団子鼻の原因とは?

団子鼻の原因とは?

団子鼻の原因は大きく分けて2つあり、たいていの場合2つの原因が合わさっています。
原因の1つは、鼻先にある鼻翼軟骨(びよくなんこつ)の形です。正面から見ると蝶のような形、下から見ると穴に沿ってM字型をしている軟骨が鼻翼軟骨ですが、翼の部分の骨が前から押しつぶされたようになり、横に広がるか、軟骨の中央部が離れて左右に分かれた状態になると、団子鼻と言われる形になります。

もう1つの原因は、鼻翼軟骨の上についた、皮下脂肪や皮膚の厚さです。軟骨が横に広がると平らに近い状態になるため、軟骨を覆う皮下脂肪や皮膚が厚くなりやすく、皮下脂肪が通常より多めについたり、皮膚が厚くなったりすると、正面から見たとき、丸みを帯びた形に見えます。

日本人を初めとする東洋人の場合、もともと西洋人よりも鼻先に脂肪がつきやすく、皮膚も硬く厚いため、団子鼻になりやすい要素を持っています。その上、軟骨は柔らかい組織のため、押しつぶされて広がった軟骨の上に脂肪や皮膚が厚く乗るパターンだけでなく、皮下脂肪や厚い皮膚に押しつぶされて団子鼻になるパターンも起こりやすいという特長があります。

そのため、日本人には団子鼻の人が多く、強いコンプレックスを感じている人も多いのです。

|団子鼻を簡単に小さく見せる施術方法とは?

団子鼻を簡単に小さく見せる施術方法とは?

鼻の整形というと、ヒアルロン酸注入やプロテーゼ挿入で鼻の高さを高くすることを想像する人が多いかもしれませんが、それでは団子鼻を治す効果としては、あまり期待できません。

というのも、団子鼻は高さだけでなく、鼻先の形に問題があるからです。大きく広がった鼻先を小さくすることが重要ですから、団子鼻を治すためには鼻先の形を整える施術をします。

団子鼻を治すのに用いられる方法は、「鼻尖縮小(びせんしゅくしょう)」と呼ばれるもので、別名「団子鼻修正」とも呼ばれます。名前の通り、鼻先をとがらせて幅を小さくする治療法です。団子鼻の特長である横に広がった鼻翼軟骨の中央部を糸で縫い寄せることによって、広がりを抑え、高さを出します。鼻の穴の中から糸を入れて縫い合わせるため、外からはわかりにくく、施術後も傷跡が目立たないのが特長です。
ですから、周りの人にばれないように、鼻の大きさを少し小さくしたいという人にはピッタリの方法です。

もちろん、この方法で鼻先の形を整えた上で、ヒアルロン酸注入を行ったり、プロテーゼを挿入したりして鼻の高さを出し、理想の鼻の形にすることも可能です。

日本人の場合、鼻翼軟骨が小さい人も多いため、糸で縫い合わせただけでは思ったような効果が見られない場合もあります。そんなときには、自分の耳の軟骨を鼻先に移植する「鼻尖形成(びせんけいせい)」という方法を選んだ方が良いかもしれません。
糸を使った治療法よりは大掛かりになりますが、自然にシャープな鼻先を作ることが可能です。自分の軟骨を使って治療を行うため、アレルギーで異物を入れられないという人でも理想の鼻を手に入れられます。

この他にも様々な治療方法があるため、うまく組み合わせて治療を行えば、理想的な鼻を手に入れることも夢ではありません。思い切って専門のドクターに相談しに行ってみてはいかがでしょうか。

|日本人に多い団子鼻だからこそ、きれいに治せる

日本人に多い団子鼻だからこそ、きれいに治せる

団子鼻に悩んでいる人は、まずあきらめるのをやめましょう。「日本人だから団子鼻なのは仕方がない」なんて思う必要はありません。
日本人に多い団子鼻だからこそ、治したい人が多く、治す方法も確立しているのです。カウンセリングを受けてみれば、どのような形に治せるのかも提案してもらえます。

まずはあきらめずに一歩踏み出してみましょう。

聖心美容クリニックの鼻の整形施術一覧へ

他院の「鼻の整形」に関するコラム
札幌院大宮院横浜院熱海院名古屋院大阪院広島院福岡院