小顔整形にもいろいろある!まずは「あご」に注目!

小顔に整形
この記事の監修医師
統括院長

鎌倉 達郎 医師

Tatsuro Kamakura M.D.
ドクターの経歴・資格・所属を見る
経歴
  • 1989年

    宮崎医科大学医学部卒業 九州大学生体防御医学研究所附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務

  • 1890年

    九州大学医学部附属病院 (現・九州大学病院別府病院)勤務 その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任

  • 2000年

    優れた実績を評価され聖心美容外科に招聘 東京院副院長就任

  • 2001年

    福岡院院長就任

  • 2003年

    聖心美容外科東京院院長就任

  • 2004年

    聖心美容外科統括院長就任

  • 2015年

    第104回日本美容外科学会会長に就任

  • 2017年

    公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授に就任

資格・所属

日本美容外科学会(JSAS)理事長
公立大学法人横浜市立大学医学部 臨床教授
一般社団法人日本ルックスケア医学会 副理事長
公益社団法人国際化粧療法協会 理事
第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
IMCAS World Scientific Committee 2017,board member
IMCAS ASIA 2015,2016 Scientific board member
IMCAS ASIA 2010 Faculty
AMWC JAPAN 2022 Advisory board menber
日本美容外科学会(JSAPS)会員
日本美容外科学会(JSAS)会員
日本美容外科学会(JSAS)専門医
日本形成外科学会会員
日本再生医療学会会員
日本再生医療学会 再生医療認定医
日本臨床抗老化医学会会員
日本外科学会会員
日本外科学会認定医
日本美容外科医師会会員
INAMED ACADEMY認定医
Corneal社公式認定医(日本第1号)
オバジスキントランスフォーメーション認定医
マクロレーン™認定医
レスチレン認定医
日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
ミラドライ認定医
ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
ジュビダームビスタ®ボルベラXC認定医
ジュビダームビスタ®ボラックスXC認定医
ジュビダームビスタ®ボライトXC認定医
ジュビダームビスタ®ウルトラXC/ウルトラプラスXC認定医
ボトックスビスタ認定医

小顔整形にもいろいろある!まずは「あご」に注目!
  1. おすすめはあごの整形!理想の小顔になる方法
  2. 小顔整形には色々な種類がある
  3. メスを入れなくても小顔になれる!?
  4. 小顔整形に悩んだら、先ず相談

小顔になりたいと漠然と思っていたとしても、自分の顔の、どの部分をどうしたら小顔になるのかについては専門的な知識が必要です。整形手術をすればいいとわかっていても、小顔になれる整形手術には様々な種類があり、迷ってしまうでしょう。
とはいえ、小顔にするなら大きいものを小さくすれば良いということは想像がつきます。要は、どの部分をどのようにしたら良いかがわからないという点が問題になります。そこで、どんな顔型の人でも必ず出っ張っている部分、まずはあごに注目してみることにしましょう。

|おすすめはあごの整形!理想の小顔になる方法

理想の小顔は人それぞれ違うかもしれませんが、一般的には「ここをこのようにしたら美しく見える、小顔に見える」というセオリーがあります。美容クリニックでの事前カウンセリングでは、そういったことも教えてもらうといいでしょう。自分なりの理想の小顔のイメージが、より具体的になるはずです。

小顔に見える理想的な顔立ちのセオリーとして知っておきたいのが「Eライン」です。自分で鏡を見ながらあれこれ考える場合は、どうしても正面からの見え方で考えてしまいがちですが、実は横から見える顔立ちも重要なのです。
Eラインとは、側面の視点で鼻先、口元、あご先を結んだラインのことをいいますが、これが直線になると理想の顔立ちに見えると言われています。そして、このラインを直線に近づけるためのポイントとなるのが「あご」なのです。

また、丸みを帯びたあごをシャープにすることで、正面から見たときに逆三角形のラインができ、顔全体を小さく見せることもできます。そのため、小顔になりたいと思ったら、あごの整形を検討してみることをおすすめします。
もちろん、総合的な判断は、美容クリニックで示してくれるコンピュータシミュレーション結果なども見つつ、決めるのが良いでしょう。

|小顔整形には色々な種類がある

小顔整形には色々な種類がある

小顔になるための施術には、色々な種類があります。顔のほとんどの部分に使える脂肪溶解注射など、それぞれの部分に合った方法を知っておくと、小顔実現の役に立つでしょう。

あご以外にも、特に目立つ部分が、おでこであった場合には、おでこのでっぱり感を取ったり、形を整えたりする方法があります。頬やエラのでっぱりが目立つ場合には、それらの部分の整形や頬骨削りを行ったり、ボトックス注射を行ったりするアプローチも考えられます。
また、脂肪の付きすぎによって顔が大きく見えている場合には、脂肪吸引が効果的です。
さらに小顔を実現するための重要なポイントとなるあごについては、プロテーゼ、ヒアルロン酸注射などによる整形方法や、骨を削る、脂肪吸引するという選択肢もあります。

小顔整形手術のポイントは、顔全体のバランスを崩さずにサイズを小さくしたり、出っ張った部分を削ったり、場合によってはでっぱりを大きくすることです。そのため、事前のカウンセリングを通して、自分が希望するイメージを医師に正確に伝えることが大切です。
その上で、どんなアプローチで小顔を実現するかが決まり、方法が決定されることになります。一口に小顔といっても、人それぞれ抱いているイメージは違います。小顔でありながらシャープさも求めるのか、上品さを求めるのかについても事前のカウンセリングで希望を伝えるようにしましょう。

|メスを入れなくても小顔になれる!?

メスを入れなくても小顔になれる!?

小顔整形はしたいけど、メスを入れるのは抵抗があると感じている人もいるでしょう。特に、あごの整形の場合は、骨を削るというイメージが強いかもしれません。しかし、メスを入れなくてもできる整形手術もあります。メスを入れない手術方法は、ダウンタイムが短くなる等のメリットもありますので、前向きに検討してみるといいでしょう。

メスを入れない方法の代表的なものは、あごのプロテーゼです。プロテーゼとは人口軟骨のことで、これをあごの部分に入れることによって形を整えることができます。丸くてほとんど出っ張っていないあごの場合、どうしても顔全体が丸い印象になり、顔が大きく見えがちです。
ですから、丸く短いあごの場合にはプロテーゼを挿入することで、盛り上げることができるのです。
施術方法は局所麻酔を使って口から挿入する方法がとられるのが一般的ですので、傷口は外からは一切見えない点もメリットといえます。

また、あごにヒアルロン酸を注入する方法で整形をすることもできます。この方法は、メスを入れないことはもちろん、施術時間も10分程度で終わることがほとんどですので、時間的な制約がある人にもおすすめの方法といえます。

|小顔整形に悩んだら、先ず相談

小顔整形に悩んだら、先ず相談

整形手術というと、身体や顔にメスを入れることをイメージする方が多いかもしれませんが、全くメスを入れない方法を選べる美容クリニックもありますので、小顔整形に興味がある人は一度、美容クリニックで相談にのってもらうといいでしょう。様々な不安や疑問をぶつけ、しっかり回答してもらうことによって、小顔整形手術が自分にもできるという実感につながります。

また、自分で思い描く小顔の印象に近づけるためには、削るのとは逆に盛り上げる必要がある場合もあります。そんな時にもメスを入れない方法を選べる美容クリニックもありますから、まずは信頼できる美容クリニックを選ぶことが最初のステップになります。その際には事前のカウンセリングを丁寧に行ってくれるかどうかをチェックしてみると良いでしょう。

聖心美容クリニックの小顔整形施術一覧へ

他院の「小顔に整形」に関するコラム
札幌院大宮院横浜院熱海院名古屋院大阪院広島院福岡院