体験談

体験談

目の下から影が消えて、すっきり!

目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂 くま(目の下) 20代 / 女性
施術内容
目の下の脂肪取り(経血膜下脱脂法)
20代
 / 女性

目の下の赤黒っぽく膨らんだクマが悩みでした。メイクで隠しても夕方には目立つように。
こちらのホームページにタイプ別のクマ治療法が載っており、症例写真で自分と似たようなクマの写真を探しました。自分と同じ年代の女性も多くの人が治療を受けていることに安心し、このまま悩み続けるよりは、と東京院に。
院長先生に「目の下にある脂肪が原因なので、注射ではなく、脂肪を取る手術がよいでしょう」と目の下の脂肪取りをすすめられてかなり迷いましたが、経過の写真も見せていただき、決心できました。

「まぶたの裏側から脂肪を取るため、腫れや内出血は少ない」というドクターの言葉通り、術後を見て、家族も目立たないといってくれました。目の下から影が消えるだけで、顔色がよくなり、すっきりとした気分です。

眼窩脂肪(がんかしぼう)という眼球の下にある脂肪が、靭帯や筋肉のゆるみにより押し出されることで、目の下に膨らみができ、それがクマとなって見える場合があります。このような症状は、原因となる眼窩脂肪を取り出すことで膨らみを解消します。今回の患者様のように、若い方にも多くみられる症状です。
手術ではまぶたの裏を少し切開して、目頭側から目尻側までバランスを見ながら脂肪を取り出します。傷跡が外から見えず、まぶたの裏の粘膜は治りも早いためダウンタイムの少ない治療です。

伊藤 康平 医師
東京院 院長
伊藤 康平 医師