鼻の整形

鼻の整形

デザイン力に定評のある鼻の整形。 薬剤にこだわり、技術の向上にも努めています。

薬剤の質と注入量にこだわり
定期的な技術トレーニングや、技術研究
実績のある薬剤やマシンのみを導入
国内有数の症例数と技術力
当院の医師の論文が医学書に掲載される等、高い技術力を誇る
満足度90%
鼻の整形施術を受けた、
患者様へのアンケート調査

※2021年12月時点

東京院院長 伊藤 康平

鼻の整形と一言に言っても、「鼻を高くしたい」「団子鼻が気になる」「鼻の穴が目立つ」などお悩みは様々で、その治療法も異なります。 当院の鼻整形は『バレにくい』にこだわっています。例えばヒアルロン酸注入時は腫れや内出血を少しでも軽減するために、特殊な注射針を使用しています。
また、切開を伴う施術の場合でも、鼻の穴の中や小鼻の溝にそって切開したり、極細の透明な糸を使用するなどして、なるべく傷跡が目立たないような工夫をしています。 当院では、使用する薬剤にもこだわりを持ち、世界的に実績のあるもののみを導入しています。また、医師の論文が医学書に掲載されるなど技術力にも定評があり、講師を招いた勉強会を定期的に行うなど技術向上に努めています。
鼻の整形は患者様によって理想とするバランスがそれぞれ異なるため、3Dシミュレーションを使った仕上がりイメージの共有ができることも東京院の魅力。一人ひとりに合った最適なデザインを医師がご提案します。

東京院院長 伊藤 康平 Instagramアイコン

東京院の「鼻の整形」に
関するよくある質問

Qアイコン だんご鼻なので、バレないくらいに解消したいです。
Aアイコン 団子鼻でお悩みなのですね。 通常、団子鼻を修正する場合には「鼻尖縮小術」と耳介軟骨を用いた「鼻尖形成術」が必要です。
これらはお鼻の穴の中だけで手術が完結しますので(耳の傷跡はほとんど分からなくなくなります)、将来的にも周りにバレることはないかと思います。
手術の程度も調整は可能ですので、やり過ぎに関してはご安心下さい。
ただし左右の鼻の穴の形が異なる場合は、通常のこの方法だけでは改善が難しく、しっかり鼻の穴の形も治されたいのであれば、鼻柱を切る必要があります。
この場合は、若干、お鼻の傷跡が目立つ可能性があります。
まずは実際に診させて頂ければ、ベクトラという機械を用いて3Dシミュレーションが可能です。
菱田 健作 医師
回答医師 東京院 大宮院 横浜院 名古屋院医師 菱田 健作 医師
Qアイコン プロテーゼによる隆鼻術について質問です。
Aアイコン 鼻中隔延長と鼻尖形成を行うと、鼻先だけが高くなり鼻根部とのバランスが崩れるということはございます。
手術後3ヶ月程度経過すれば、鼻先のオペの結果に影響を及ぼさずにプロテーゼ挿入が行えます。
鎌倉 達郎 医師
回答医師 統括院長 鎌倉 達郎 医師