美容皮膚科

美容皮膚科

美容皮膚科以外も含め、
総合的に行っているクリニックだからこそ出来る提案

20~60代まで幅広い世代に人気
東京院への来院患者様データより
皮膚科専門医による
美肌セミナー
過去開催のセミナーでは、
100%「参考になった」と回答
圧倒的なリピーター数
充実の美容皮膚科メニューにより、
多くの方がリピートされています

※2021年12月時点

東京院院長 伊藤 康平

お肌のお悩みは、皮膚科系の医師と外科系の医師が提案する治療法が違うことをご存知ですか?皮膚科医と外科医では、得意とする治療法や揃えているマシンが異なるため、必然的に提案する治療法も異なります。
当院は、美容皮膚科はもちろん、美容外科・形成外科・美容内科治療まで総合的に行っているクリニックです。そのため、患者様の症状やご要望に応じた、マシンを用いた治療や注入治療、ホームケアなど幅広くご提案することができます。
例えばドクターハイフ(ウルトラセルQプラス)は、HIFU(高密度焦点式超音波)という特殊な超音波テクノロジーを利用した、日本初導入のたるみ治療マシンです。短時間で施術が可能なうえ、痛みや術後の腫れもほとんどなく快適かつ強力にたるみを引き上げます。たるみだけでなく、しわの改善をしたい方にもおすすめです。施術時間が従来よりも1/3と早く済み、ランチタイムや仕事帰りにもお受けいただけます。こんなに短期間で、効果の出やすい治療法をご提案できるのは様々な治療法を用いることができる当院ならではと言えます。
また、美肌を維持するためには正しい美肌知識を患者様にも学んでいただくことが重要と考えており、当院の皮膚科専門医が定期的に美肌セミナーを実施しております。

東京院院長 伊藤 康平 Instagramアイコン

東京院の「美容皮膚科」に
関するよくある質問

Qアイコン 赤い顔、毛穴、肌荒れに悩んでいます。
Aアイコン 赤ら顔ですね。赤ら顔は血の巡りが良くなると赤くなる症状のことです。赤ら顔の治療には585 Quanta System Q1という赤みを消すレーザーがオススメです。数回レーザー照射をすることによって赤みを消すことができますよ。
毛穴と肌荒れに関しては、ダーマペン・PICOフラクショナルレーザー・POTENZA(ポテンツァ)・ライムライトなどがオススメです。
鎌倉 達郎 医師
回答医師 統括院長 鎌倉 達郎 医師
Qアイコン 肝斑は、レーザー治療とビタミン投与を続けることで、再発しないですむのでしょうか?
Aアイコン 肝斑は完全に消すことは難しいですが、レーザーやトラネキサム酸・ビタミン内服を続けることで改善していくことはできます。
川守田 詩乃 医師
回答医師 東京院 横浜院 S-Labo医師 川守田 詩乃 医師